雪と生きていく村。雪と生きていく手。

PDFpdfファイルでご覧いただけます。

ファイルサイズ ・1000K ・690K

GET Adobe Reader

AdobeこちらよりAdobeReaderをダウンロードできます。

雪と生きていく村。雪と生きていく手。

白い山。白い屋根。白い道。そして、白い息。長い冬の間、白川郷の風景は、白一色に塗り替えられる。一晩で1mも降り積もる日も珍しくない日本有数の豪雪地帯。世界文化遺産の村の朝は、除雪とともに動きはじめる。

4時。太陽が目を覚ますより早く、機械は一日の仕事にとりかかる。子供たちが学校に通うまでに、路上の雪をすっかり取り除かなくてはならない。のんびりしてはいられない。人が歩くだけの狭い村の道では、小さな建設機械が頼りである。緑の車体のホイールローダーは、積もった雪を道路の脇へと押し込んでいく。ぐいっぐいっと力を込めて。難しいのは、道路の表面に貼りつく氷の層を、削り取ること。ベテランのオペレーターは、丁寧に、しかし手際よく除雪をつづける。積雪が多い時には、道の両側に雪の壁が出来上がる。子供たちは、自分より背の高い白い壁に囲まれて、学び舎への道を歩くことになる。雪の壁を砕き、水路や田畑に捨てるのは油圧ショベルの仕事だ。人間の手なら霜焼けになるだろうに、機械は文句も言わず雪を砕き、冷たい雪をすくう。

合掌造りの家々が、300年前と変わらぬ姿で佇んでいる。雪の重さにつぶれない急勾配の茅葺き屋根。家中に暖かさが行き渡る囲炉裏。屋根の雪降ろしで窓が壊れないための雪囲い。雪とともに生きていくために、先人たちがつくりだした知恵。その知恵に守られながら、かけがえのない伝統を守りながら、白川郷の人々は、今を生きている。

7時。雪はまだ降り続いていた。「おはよう」雪を踏みしめる音と、長靴にランドセルの子供たちの声が、白い空に響いた。

人のための
道具だから。
社会のための
道具だから。

朝日新聞   2008年03月02日 (日)

日本経済新聞   2008年03月09日 (日)

日刊工業新聞   2008年03月04日 (火)

フジサンケイビジネスアイ   2008年03月04日 (火)

信濃毎日新聞   2008年03月04日 (火)

福井新聞   2008年03月04日 (火)

東京新聞   2008年03月10日 (月)

新潟日報   2008年03月10日 (月)

北國新聞   2008年03月10日 (月)

河北新報   2008年03月10日 (月)

北海道新聞   2008年03月11日 (火)

中日新聞   2008年03月15日 (土)

北陸中日新聞   2008年03月15日 (土)