ENGLISH

株式会社ZMPへ出資 ‐ 次世代の建設・鉱山機械の開発を加速 -

 コマツ(社長:大橋徹二)は、株式会社ZMP(社長:谷口恒、以下「ZMP」)と建設・鉱山機械の自動化などの分野における協業を進めていくため、本日同社への出資を行いました。
 コマツは、2016年3月期をゴールとする中期経営計画の基本戦略の一つである「イノベーションによる成長戦略」を推進する方策として、「ICT、要素技術を活用した将来建機、次世代鉱山機械の開発強化」「イノベーションを実現するための他社との協業」などを掲げています。今回の出資は、その一環として実施するものです。
 ZMPは、自動車の自動運転分野における画像認識、センシング、運転制御などで高い技術力を有しており、自動車業界をはじめ多方面から高く評価されています。
 コマツは、ZMPと既に鉱山機械の制御技術開発において協力を進めており、今回の出資を機に、建設・鉱山機械の無人化・自動運転化をはじめ様々な分野において、両社の協力関係を更に深めていきます。これにより、コマツは、お客様の現場を革新しイノベーションを起こす商品およびサービスの提供を加速するとともに、ZMPは事業領域を拡大し、より一層の成長が見込まれるという、Win-Winの関係を構築できると考えています。
 本件による当期の当社連結業績への影響は軽微です。


[株式会社ZMPの概要]

社名 株式会社ZMP
設立 2001年1月30日
所在地 東京都文京区小石川5丁目41番10号
代表者 代表取締役社長 谷口 恒
資本金 387.5百万円
事業内容 自動運転システムの開発・販売・開発支援等
会社URL http://www.zmp.co.jp/

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

2015年02月12日

管理番号 052(2467)
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616