ENGLISH

建設現場ICTソリューション「スマートコンストラクション」を開始

 コマツ(社長:大橋徹二)は、建設現場に大きな変革をもたらすダントツソリューション「スマートコンストラクション」を2015年2月1日より開始します。
 コマツは、中期経営計画「Together We Innovate GEMBA Worldwide」で「イノベーションによる成長戦略」を掲げ、2013年からICTブルドーザ「D61PXi」やICT油圧ショベル「PC200i」などのICT建機の市場導入を進めてきました。こうしたICT建機の開発に加え、建設現場が抱える様々な課題を解決し、「未来の現場」を実現させていくためのソリューションを開発、提供していくサービス新事業「スマートコンストラクション」を開始し、これからの中核事業として育成することにしました。
 「スマートコンストラクション」は、建設現場にあるあらゆる情報をICTで繋ぎ、安全で生産性の高い現場を実現するとともに、蓄積されたデータを社会インフラの整備や災害復旧にも役立てていきます。新たにスマートコンストラクション推進本部を設立し、少子高齢化が進む日本からコマツレンタル(株)を通じてこの新たなソリューションを提供していきます。


[スマートコンストラクションのサービス内容とそれを支える技術]



 新たに開発したクラウドプラットフォーム「KomConnect(コムコネクト)」に以下の6つのプロセスに関わるあらゆる情報を入力し建設現場の全てをICTで繋げ、生産性を大幅に向上させ安全でスマートな「未来の現場」を実現します。

@現況の高精度測量
 無人ヘリや3Dレーザースキャナー、建設機械の運転席に搭載されたステレオカメラなどを活用することで、短時間で現況を正確に把握し、現場の高精度な3次元データを生成します。

A施工完成図面の3次元化
 お客様から2次元の施工完成図面をお預かりし3次元データに変換します。3次元データの現況と施工完成形の差を視覚化することで、お客様は施工する前に、施工する範囲、形、運土量などを正確に把握することが出来ます。

B変動要因の調査・解析
 工事を進める上で大きな変動要因となりうる土質や地下の埋設物について、事前に調査し解析します。

C施工計画の作成
 お客様がコムコネクトに施工条件を入力すると、「施工計画シミュレーション機能」が条件ごとに異なる施工パターンを提案します。また、施工開始後はリアルタイムの施工状況が施工計画シミュレーションに自動的に反映されるため、お客様は常に最適な施工計画を立案出来ます。

D高度に知能化された施工
 プロセスAで作成した3次元データは、コムコネクトを通じてICT建機に送られます。ICT建機は作業機を自動で制御するため、経験を問わず誰もが熟練作業者のような精度で作業を行うことが可能です。

E完工後の施工データ活用
 ICT建機で施工した情報はコムコネクトに蓄積されます。また、蓄積されたデータは、施工後の整備・修繕や自然災害などを受けた地域の復旧作業にも役立てることが可能です。

 新たにスマートコンストラクションサポートセンタを設立。様々な技術に精通した「スマートコンストラクションサポーター」がお客様からのあらゆる問い合わせに迅速かつ丁寧に対応します。


[営業サービス窓口]

 2015年2月1日より、全国のコマツレンタル(株)123店舗にて営業サービス開始。
◆コマツレンタル(株)HP
http://www.komatsu-rental.co.jp/rental/index.php


[スマートコンストラクション 特設サイト]

 スマートコンストラクションをご紹介する特設サイトです。こちらもご覧ください。
http://smartconstruction.komatsu.co.jp/


ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

2015年01月20日

コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616