ENGLISH

コマツ女子柔道部 杉本美香選手 現役引退に関するお知らせ

 コマツ女子柔道部で活躍してきた杉本美香選手が、このほど競技生活から引退することとなりました。

 杉本選手は2007年4月にコマツに入社。2010年の世界柔道選手権東京大会では、日本女子柔道界史上初めての2階級制覇(78kg超級・無差別級)を達成、2012年8月のロンドン五輪(78kg超級)では銀メダルを獲得するなど、これまで数多くの国際大会で輝かしい成績を収めてきました。また、2011年7月から2012年11月までコマツ女子柔道部の主将を務め、全日本実業柔道団体対抗大会では、4連覇にも貢献しました。

 今後は、引き続きコマツの社員として働きながら、コマツ女子柔道部のコーチとして部員の育成・指導に当たります。また、コマツは社会貢献活動の一環として、世界各地での柔道の普及・発展を支援していますが、この活動にも携わっていく予定です。

 杉本選手に対しまして、これまで多くのファンの皆様から温かいご声援やご支援をいただき、誠にありがとうございました。


<杉本選手のコメント>

 柔道を始めて16年間、小さい時からの夢であったオリンピック。柔道を続けていくうちに、夢から目標へと変わり、ついに今年出場することができました。
 オリンピックでは、念願のメダルを獲得することができました。そして、結果以上のものも得ることができましたので、満足感をもって引退とさせて頂きます。
 怪我が多く、まわりの方には何度も心配や迷惑をかけてしまいましたが、たくさん方々の温かい応援が支えとなり、現役生活を全うすることができたことを、心から感謝いたします。
 これからの人生は柔道で培った経験を活かして、柔道家として柔道を広めていきたいと思っています。
 本当に長い間ありがとうございました。


ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

2012年11月14日

管理番号 No.037(2349)
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616

hayate