ENGLISH

<超大型ダンプトラックに最大機種を追加!>コマツ、超大型ダンプトラック「960E」導入を発表

 コマツ(社長:野路國夫)は、世界中の鉱山で使用される電気駆動式の超大型ダンプトラックのシリーズを拡大し、最大機種となる「960E」(最大積載量:327トン)を市場導入します。コマツグループで最大のダンプトラックとなる「960E」は、車高は7mを超え、タイヤの直径は約4mにもなります。




 「960E」は、これまでのコマツの電気駆動式の超大型ダンプトラックと同様に、コマツアメリカ鰍ナ開発設計、同社のピオリア工場(イリノイ州)で生産し、全世界の鉱山に供給されます。1995年に電気駆動式の超大型ダンプトラック「930E」(最大積載量:290トン)を、業界で先駆けて市場導入して以来、コマツは、電気駆動式の超大型ダンプトラックで世界的リーダーの地位にあります。ベストセラーとなった「930E」の稼働台数は650台を超えており、この市場からの高い評価をもとにして「960E」は開発設計されました。
 「960E」に搭載されるコマツが開発したエンジンは3,500馬力とハイパワーながら、このクラスのダンプトラックとしては、仕事量あたりの消費燃料を最低水準に抑えています。このエンジンは、「930E−SE」(930Eのハイパワー仕様)に搭載され、北米、チリ、オーストラリアで250,000時間を超える稼働実績があり、その信頼度の高さは実証済みです。
 鉱山向け大型機械の管理システム「VHMS(Vehicle Health Monitoring System)」を標準搭載し、遠隔地からリアルタイムに車両の「健康状態」「稼働状態」を把握できます。
 中国、インド、ブラジルなど、新興国でのインフラ整備の拡大を背景に、石炭、鉄鉱石、銅など、あらゆる鉱物資源の需給は逼迫しており、今後も鉱山開発の活況は継続すると見ています。また、鉱山開発の大規模化、鉱山経営の更なる効率化などが進められています。
 「960E」は、既に石炭鉱山や銅鉱山での3年以上におよぶテスト走行を重ねており、信頼性とともに、積載量と生産効率、パワーと低燃費、操作性と快適性など、鉱山用ダンプトラックに求められるニーズに応える商品となりました。


商品仕様

   

960E-1

930E-4

総重量

ton

576

502

最大積載量

ton

327

292

エンジン名称

コマツSSDA18V170

コマツSSDA16V160

定格出力(グロス)

kW〔HP〕/rpm

2610〔3500〕/1900

2014〔2700〕/1900

最高速度

km/h

64.4

64.4

最小回転半径

m

16

14.9

全長

m

15.6

15.6

全幅

m

9.6

9.09

全高

m

7.37

7.37


[写真は、新発売の超大型ダンプトラック「960E」]



以 上


ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

2008年05月28日

管理番号 0014(2106)
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616