ENGLISH

<中厚板切断の開先加工を合理化!>コマツ産機、Y開先切断対応ツイスター加工機「√ツイスターTFPV」シリーズを新発売

コマツ産機株式会社(社長:山田浩二)では、優れた切断品質と経済性により好評をいただいているツイスター加工機において、これまで合理化の障害となっていた中厚板切板でのY開先加工を可能にした「√(ルート)ツイスター TFPV」シリーズを新開発し11月1日より発売を開始しました。


[ 写真は、新発売の √ツイスター「TFPV6082」 ]



ツイスター加工機は、コマツがパイオニアとして開発したファインプラズマの次世代機で、2000年の発売以来、レーザに匹敵する切断品質と、圧倒的な生産性とコスト優位性を高く評価していただいているコマツ産機のオリジナル商品です。
√ツイスターは、ツイスターの持っている切断性能を活かして、従来のプラズマ切断機では困難とされていたルートフェイスのあるY開先加工を可能にするものです。
これまでY開先を含む部材の生産に当たっては、まずプラズマやレーザあるいはガスのNC切断機によって開先を含まない部材を切断工程で切り出した後、別工程で、チップ式ベベラによる機械加工や手動によるガス切断によって開先加工を行っていました。その為に、切断工程を最新鋭のプラズマやレーザ加工機で合理化しても、次工程の人手による開先加工がネックとなり、Y開先を含む部材についてはトータルとして合理化が進んでいませんでした。√ツイスターは、高剛性開先機構とCCDカメラを使った位置ズレ検出システム(特許出願中)により、切断工程のなかでY開先加工も可能にした画期的なツイスター加工機です。


[ √ツイスターで対応可能な開先 ]



[主な特徴]

(1)60kW高出力ツイスター電源,トーチにより、中厚板の切断工程において、高生産性・低コスト・高精度を実現します。

(2)高剛性開先機構とCCDカメラを使った切断精度保障システム(特許出願中)により、従来のプラズマ切断機では困難であったY開先加工が可能となりました。

(3)コマツ独自の片持ちCフレーム構造により、大型ガントリー機と比較して、切断テーブルへ三方向からの寄付きが可能で、ワークの搬入・搬出が容易です。

(4)操作性を阻害することなく、作業者の安全を確保するための2重の衝突防止装置(ライトバリア+接触式センサ:特許出願中)により、安全性と操作性の両立を図っています。


[主な仕様]



[公 表 価 格]

TFPV6082: 76,000千円
TFPV6084: 88,000千円


[販売開始時期]

2006年11月1日


[お問い合せ先]

コマツ産機(株)板金KBU企画グループ
TEL:03−5561−2815
FAX:03−5561−2877
URLhttp://www.komatsusanki.co.jp/
以 上


ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

2006年11月02日

管理番号 0040(2011)
コマツ コーポレートコミュニケーション部
TEL: 03(5561)2616
コマツ産機(株)
TEL: 03(5561)2815