ENGLISH

コマツ、イメージキャラクターに、NYヤンキースの松井秀喜選手を起用

 コマツ(社長:坂根正弘)は、米国メジャーリーグ、ニューヨークヤンキースで活躍中の松井秀喜選手と、キャラクター契約を締結することで合意しました。
 当社は今年度、全世界の建設・鉱山機械市場に向け、「環境・安全・経済性」をキーワードとして、独自技術による従来にない特長を持った戦略商品を発表していく計画です。これにあわせ、企業広告・各種商品広告のイメージキャラクターとして、松井選手を起用することになりました。間もなく新聞・雑誌広告、ラジオ、ポスターなどに登場していただく予定です。
 コマツでは、今年4月から「松井選手応援プロジェクト」と題して、松井選手の活躍を伝えるラジオ番組の提供や、ニューヨークヤンキースタジアム3階席(アッパーデッキ)への広告看板掲出などを通じて声援を送っています。
 日本の野球界をリードし、さらに世界を舞台にチャレンジする松井選手の姿は、グローバルに事業の発展をめざすコマツの方向性と同じであり、また、努力を怠らず技術を磨きつづける姿勢は、当社のめざすものとまさに一致しています。
 松井選手の出身地、石川県能美郡根上町は、コマツ発祥の地である小松市に隣接し、祖父、父、二代にわたってコマツに勤務されていたという縁もあり、グループを挙げて、松井選手の活躍にエールを送ってきました。
 今回のイメージキャラクター契約により、「松井選手からもコマツを応援してもらおう」というコンセプトの下、新聞や雑誌広告、ラジオ、全国の販売・サービス代理店店頭POPなど、松井選手がコマツの顔として活躍します。

(ご参考)
[ニューヨークヤンキースタジアムの広告看板について]
 2003年度シーズンより掲出している看板は、同スタジアム右翼方向の「アッパーデッキ」と呼ばれる3階スタンドに設置。4月14日、対ブルージェイズ戦6回に松井選手が放った推定140メートルの特大決勝3ランがコマツの看板の真上に飛び込んだことは、国内外のメディアでも大きく報道され、話題を呼びました。

以上



ヤンキースタジアム・ライトスタンド3F(アッパーデッキ)のコマツ看板。
4月14日、松井選手の決勝ホームランがこの看板の上に飛び込みました。


本件に関する
お問い合わせ先

コマツ 広報・IR部 広報グループ 宇佐見

TEL : 03-5561-2616


ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

2003年05月01日

管理番号 0007(1829)
コマツ 広報・IR部
TEL: 03(5561)2616