女子柔道部

コマツ女子柔道部は、1991年4月に、会社創立70周年記念事業の一つとして創部されました。

以来、全日本実業柔道団体対抗大会での優勝をはじめ、個人戦でも、オリンピックや世界選手権などを含む国内外の大会で優秀な成績を収めています。

また、普段の稽古に加え、毎週水曜・金曜日には少年柔道教室を開き、次世代を担う子供たちの育成にも協力しています。

NEWS

[2016.11.14] 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会で、石川慈選手、佐藤瑠香選手が優勝
[2016.10.11] コマツ女子柔道部 浅見八瑠奈選手 現役引退に関するお知らせ
[2016.08.29] 第46回全日本実業柔道個人選手大会で橋本優貴選手、大野陽子選手が優勝
[2016.08.10] リオデジャネイロ五輪柔道女子63kg級 田代未来選手が5位入賞
[2016.08.09] リオデジャネイロ五輪柔道女子57kg級 連 珍羚選手が5位入賞
[2016.07.19] 2016年グランドスラム・チュメニ大会で芳田 司選手が優勝
[2016.07.06] 2016年グランプリ・ウランバートル大会で石川 慈選手が準優勝
[2016.06.27] 2016年グランプリ・ブタペスト大会で宇高菜絵選手が準優勝
[2016.06.08] コマツ女子柔道部 連珍羚選手がリオデジャネイロ五輪台湾代表に決定

Wonder FIVE

コマツ女子柔道部キャラクター "Wonder FIVE"。それぞれのプロフィールなど詳しくはこちら!