ENGLISH

イノベーションによる成長戦略

コマツは、2016年3月をゴールとする中期経営計画「Together We Innovate GEMBA Worldwide」において、お客さまの現場に新しい価値を創造する「イノベーション」による成長戦略を、重点活動の一つとしています。
コマツではイノベーションの定義を「お客さまの現場により深く関わり、販売代理店やサプライヤーなどのパートナーと協力して、商品・サービスの領域に加え、工事(施工)などお客さまの事業そのものを効率化するソリューションの領域で、お客さまに新しい価値を創造すること」としています。そして、このイノベーションを通じてコマツは事業領域を拡大し、更なる成長を目指しています。

コマツの成長戦略

ダントツ商品

コマツは、安全性、環境対応、ICT、経済性(作業効率)において他社の追従を数年は許さない特長を持つ商品を「ダントツ商品」と名づけています。
「主要コンポーネントの自社開発・自社生産」という強みを活かした技術優位性と、開発・生産・サプライヤーが一体となった商品の作り込みを通じ、業界初のハイブリッド油圧ショベルなどの「ダントツ商品」を世に送りだしてきました。


ダントツサービス

コマツは、車両の稼働情報データを活用して「機械の見える化」を図り、アフターサービスや部品、レンタル、中古車などのバリューチェーンにおいて、車両のライフサイクル(運用)コストを低減するビジネスを強化しています。
2001年、コマツは遠隔地から車両の位置やコンディションを把握できるシステム「KOMTRAX」を標準装備しました。2015年3月末現在、世界で約37.5万台の建設機械に搭載したKOMTRAXに加え、鉱山機械に搭載した「KOMTRAX Plus」から得られる情報を収集・分析し、より効率的に機械を稼働させるメンテナンスや、省燃費運転のご提案、レンタル・中古車事業の強化を図っています。


ダントツソリューション

最新のICTを活用し、土木や鉱山などお客さまの現場施工データを収集・分析し、「見える化」することで、お客さまの現場の課題に対する解決策を提供するビジネスモデルが「ダントツソリューション」です。
コマツは2008年、世界初の鉱山向け「無人ダンプトラック運行システム(AHS)」を実用化しました。無人であるという安全性においてお客さまに新たな価値を提供するとともに、燃料費やメンテナンス費などランニングコストを低減するAHSでは、コマツが車両運行業務の一部を担い、事業領域の拡大を図っています。
建設機械については、作業機の自動制御を実現したICTブルドーザー(2013年)およびICT油圧ショベル(2014年)を市場導入しました。ICT建機はオペレーターの経験を問わず、熟練者のような高い精度の工事を可能にし、丁張り*1や検測*2などの工程を大幅に削減して工期短縮に大きく貢献しています。
このICT建機を活用したソリューションが、2015年2月にスタートした 「スマートコンストラクション」です。

*1 基礎マウンドや盛土切土を完成させるのに用いる目安の定規。等間隔に並んだ木杭とそれに水平もしくは斜めに打ち付けられた板で構成される。
*2 工事の仕上がりが図面通りにできているか確認するための測量。


株価表示に関するご注意

20分遅れの当社株価等の株式情報は、ストックウェザー株式会社から提供を受けております。掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りや通信状況等によって生じた障害、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても、コマツ、ストックウェザー株式会社および東京証券取引所は一切の責任を負いません。

本ウェブサイトの情報は投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われるようお願いします。