文字の大きさ小中大 ENGLISH
このページの印刷用PDFをダウンロードする

コマツの環境・社会活動 生活を豊かにする


生物多様性 コマツの生物多様性への取り組み

コマツの事業活動が、生態系に与える影響を認識し、生物多様性の保全に取り組んでいます。

コマツは、2011年1月に「コマツの生物多様性宣言」および「コマツの生物多様性ガイドライン」を制定し、世界のすべての事業所で生物多様性保全に向けた活動を開始しました。
  コマツの事業活動が生物多様性に依存し、同時に影響を与えているという認識に立ち、生物多様性の保全に貢献する取り組みを2つの側面から推進しています。
  一つは今まで取り組んできた「事業における環境負荷の低減活動」を着実に推進していくことです。また、工場建設などの土地活用時にも生物多様性への配慮を義務付けました。
  もう一つはコマツとして生物多様性の保全に直接的に関わり、また社員の意識を高める意味でも、その地域固有の生態系に配慮をした「1拠点1テーマ活動」を展開することです。

コマツの生物多様性宣言


コマツは、「事業活動が生物多様性の持つ生態系サービスの恩恵に依存し、また影響を与えている」との認識のもと、生物多様性が損なわれつつあるという危機感を共有し、生物多様性の保全とその持続可能な利用に努めるべく、下記指針に従い行動する。


T(経営層の認識)

生物多様性の保全を、重要な経営課題の一つとして捉える。


U(活動)

次の2つの視点を基本とし、気候変動問題と統合的に活動を進める。

1.事業活動を通して生物多様性に影響を及ぼしている環境負荷を低減する。

(1)製品の環境負荷低減
  (2)製品のライフサイクルにおける直接的な環境負荷低減
  (3)土地利用時の生物多様性への配慮

2.社会貢献活動を通じて、生物多様性保全に寄与する。

V(進め方)

実現可能性を勘案し、ステップバイステップ・アプローチにより活動を進める。


W(地域との連携)

地域に根ざした生物多様性を保全するため、行政機関、地域住民およびNGOなどとの連携により活動を進め、地域が誇れる企業をめざす。


X(全員参加の活動)

社員全員が生物多様性の重要性を認識し、全員参加で活動を進める。またその活動は、コマツの製品のライフサイクルに関わる協力企業、代理店およびお客様をも巻き込んでグローバル・グループワイドに進める。


Y(コミュニケーション)

生物多様性に関する社員の啓発に努める。また、自らの取り組みを積極的に情報開示し、社会における生物多様性の保全の重要性に対する認識度合いを高めることに貢献する。



生物多様性に配慮した取り組みの評価

■「土地利用通信簿」の活用

生物多様性保全活動を進めるに際して、まず何とか活動を評価出来ないか(見える化)検討した結果、一般社団法人:企業と生物多様性イニシアティブ(略称:JBIB)が開発した「土地利用通信簿」と「いきものモニタリングシート」を活用することに決めました。
  土地利用通信簿とは、事業所を対象に生物多様性への取り組みレベルを下記の3分野17項目100点満点で評価するものです。
この評価を、本社も含めて国内15拠点で実施しました。
  内、上位2拠点の結果を示します。
  今後、この評価点を上げるべく活動を推進して行きます。

土地利用通信簿Rの評価項目と配点

土地利用通信簿®の評価項目と配点

■いきものモニタリングシートによる調査

このシートは、生き物の専門家でなくても社員が手軽に生物のモニタリングを続けることができるように、シルエットで簡単に判別でき、環境の指標となるような生物を集めたものです。下表のように全部で66種に分類されています。
  このシートを基に、国内15拠点で調査を行った結果を、下記に示します。拠点によっては、四季を通じて4回調査を行った事業所もあります。
今後定期的に、毎年調査をしていきます。

ベース 分類数
鳥類 17
トンボ類 5
チョウ類 8
ハチ類 4
セミ類 1
甲虫類 7
バッタ類 1
水中昆虫 4
クモ類 2
カタツムリ 2
カエル 3
植物 4
キノコ 3
土壌生物 5

各事業所での取り組み

■小山工場:ビオトープ整備

小山工場では、敷地内一角に残されていた1万トンの遊水地と緑地を、ビオトープ、里山として整備していく計画を進めています。
  この区域にはサギのコロニーや幾つかの希少植物も確認されており、今後、さらに生物にとってより良い環境へと整備、保全活動を進めていきます。

ビオトープ

ビオトープ

サギのコロニー

サギのコロニー

■コマツキャステックス:池の調査

コマツキャステックスは豊かな自然に囲まれていますが、まだ誰も見たことが無い池の生き物調査を行いました。
  コイ、フナ、クサガメ、モズクガニ、メダカなどが捕獲されました。特にフナは432匹も生息し、驚きました。

調査を行った池

調査を行った池

捕獲したフナの体長

捕獲したフナの体長



コマツNTSCが維持・管理している公園

コマツNTCが維持・管理している公園

■コマツNTC:ビオトープ整備

コマツNTCは、敷地に隣接する市の公園を無償で維持・管理する業務を請け負い、従業員の生物多様性保全活動の拠点として活用しています。

昨年完成したビオトープ

昨年完成したビオトープ

■郡山工場:ビオトープ整備

郡山工場では、総合事務所横の空地に、昨年ビオトープを整備しました。
  今後は、さらに生物にとってより良い生息環境へと整備、保全活動を進めていきます。

木場潟再生プロジェクト活動で粟津工場表彰
木場潟環境フォーラムでの表彰式

木場潟環境フォーラムでの表彰式

2013年2月17日に、木場潟環境フォーラムが開催され、コマツ粟津工場は、木場潟再生プロジェクト活動に貢献したとして、木場潟環境整備促進期成同盟会(周辺町内会・NPO・企業などで構成された団体です)より表彰されました。