文字の大きさ小中大 ENGLISH
このページの印刷用PDFをダウンロードする

コマツの環境・社会活動 生活を豊かにする


環境リスクマネジメント 環境負荷物質削減・欧州規制(REACH)への対応

 海外の環境保全の高まりに対応し、コマツは早期からアスベスト、鉛などの負荷物質削減に取り組んできました。1999年度には、化審法の禁止物質や各国規則の禁止物質をベースに、使用禁止物質、使用制限物質を定め、負荷物質のトータル管理を開始しました(製品への使用禁止・使用削減対象の環境負荷物物質 参照)。
 昨今はREACH*1対応をベースとして、使用制限物質の見直しと削減または禁止を推進しています。サプライヤーの協力のもとに、製品中の負荷物質の管理強化のための管理システムを導入し国内、欧州法人で運用開始し、その他海外現地法人でも運用を進めています。
 このシステムを利用して現EU向け輸出車・EU現地法人生産車のみならず、新規開発機種に対してもSVHC(高懸念物質)の確認を実施、さらに継続的に登録される追加SVHCに対しても、都度再確認を実施しています。
 現在、SVHCは138物質ですが、半年ごとに追加され、将来は1,500まで増えるといわれ、洩れなく管理するため、ルーチンワークフローを作成しました。

環境負荷物質管理システム

環境負荷物質管理システム

製品への使用禁止・使用削減対象の環境負荷物質

ランク 物質名
禁止 13
  • ・6価クロム
  • ・カドミウム
  • ・PBB/PBDE
  • ・3置換有機錫化合物
  • ・PCB 
  • ・アスベスト
  • ・特定フロン/代替フロン(HCFC)
  • ・トリクロロエチレン
  • ・トリエタノールアミン
  • ・ヘキサクロロベンゼン
  • ・PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸化合物)
削減
(限定使用)
15
  • ・鉛
  • ・水銀*3
  • ・ひ素
  • ・セレン
  • ・代替フロン(HFC)
  • ・特定フタル酸エステル(DEHP/DBP/BBP/DIBP) *2,*3
  • ・特定臭素系難燃性処理剤(HBCDD)*3/特定塩素系難燃性処理剤(TLEP)
  • ・特定多環芳香族炭化水素(PAH)
  • ・RCF(耐火性セラミックファイバ)(アルミナ/シリカ系)
  • ・メタノール
  • ・DZ
REACH規制
高懸念物質
(SVHC)
(138)*4 コマツの製品に使用している可能性がある以下の物質は管理対象。
  • ・DEHP/DBP/BBP/DIBPなど(5物質)
  • ・HBCDD/トリスりん酸(2-クロロエチル)
  • ・RCF 
  • ・特定鉛化合物(4物質)
*1:REACH(Registration, Evaluation, Authrisation and Restriction of Chemicals): 「化学物質の登録、評価及び認可に関するEU規則」
*2:フタル酸ジエチルヘキシル、フタル酸ジブチル、フタル酸ベンジルブチル、フタル酸ジイソブチル
*3:規制動向により制限強化中
*4:2012年12月時点の物質登録数(随時更新)、コマツ建設機械・産業車両に該当しない物質を含む