文字の大きさ小中大 ENGLISH
このページの印刷用PDFをダウンロードする

コマツの環境・社会活動 生活を豊かにする


循環型社会形成への取り組み 生産における資源有効利用活動(廃棄物)

濃厚廃液処理装置

濃厚廃液処理装置

生産活動における廃棄物発生量を減らすとともに、発生した廃棄物を再資源化して有効活用する「ゼロエミッション」活動を推進しています。2011年度から、リサイクル率と廃棄物排出量の原単位について、新たに中期目標を設定し活動を開始しました。リサイクル率は、2015年度までに99.5%以上とゼロエミッションのレベルアップを行うことにしました。コマツキャステックス(株)のリサイクル率が大幅に向上したことにより、2012年度のリサイクル率は99.6%となり2年連続前倒しで中期目標を達成しました。
  廃棄物排出量の生産金額当たり原単位は、2015年度に2005年度比20%以上低減することを目標にしました。廃棄物排出量の原単位は、廃棄物の減量化、分別の徹底や有価物化の推進により2005年度比41.3%低減しました。特に小山工場では、濃厚廃液処理装置により廃液の大幅な減量化を図り、原単位が前年度に比べて半減しました。今年度もより一層の分別の徹底に努め、中期目標の達成に向かって活動を推進していきます。


廃棄物発生量(コマツ国内グループ生産事業所)