文字の大きさ小中大 ENGLISH
このページの印刷用PDFをダウンロードする

コマツの環境・社会活動 生活を豊かにする


気候変動対応 最新のエンジン技術の開発

日米欧の建設機械排気ガス規制は、NOx、PM(スス)の排出量を従来比の約10分の1に低減させる厳しいもので、適用技術開発の時間的配慮が必要と規制当局が判断し、2段階に分けて導入する事を日米欧が連動し、進められています。2014年から2段階目の規制が始まり、これに向けて適合製品導入準備をしています。
  現在日・米・欧で、2011年から施行された排出ガス規制対応製品を順次市場へ送り出しており、本規制より、従来規制比でPMを10分の1に低減するために、新規導入しました排気ガス後処理装置として装着、ディーゼルパティキュレートフィルタ(KDPF)を自社開発、自社生産したものを送り出しました。2014年以降に控える規制において、NOxの低減量が2011年規制開始以前比で約10分の1にまで抑えるという規制で、PM低減後処理装置とNOx低減後処理装置と相互に機能させる高い制御技術が必要となります。
  NOxを低減するためには、一般的に燃焼温度を下げることはPMの増加と燃費の悪化につながります。建設機械用エンジン開発にはNOxとPMを同時に減らし、かつ燃料消費量の低減を実現することが求められます。また、過酷な環境で使用される建設機械用エンジンは、常に最高出力・最大トルクで使用され続けても性能を発揮、信頼性、耐久性が要求されます。
  これらの要求に応えた建設機械専用の尿素式NOx低減後処理装置を自社開発、自社生産対応で開発を行っています。特殊な触媒と建設機械の特殊性に対応した構造、機能、制御を有した装置で、2014年規制に適用した製品を、順次市場へ送り出して行きます。
  コマツは、中型油圧ショベルPC128などに搭載されている排気量3.3リットルクラスから排気量46リットルクラスまで、建設機械用エンジンとして研究開発から製造までを一貫して実施してきました※。また、2014年規制対応においても、エンジン、油圧機器、制御システム、本体主ユニットの自社開発・自社生産という強みを活かし、エンジンと車体をトータルパッケージとして設計するなど、これまでもさまざまな条件下で最大限の性能を発揮できるエンジンを導入してきました。コマツが長年積み重ねてきた独自のエンジン技術に、最新の技術を加え、環境負荷を低減するだけでなく経済性も両立します。
※ 一部カミンズ社との協業製品含む。

日・米・欧の次期排出ガス規制に対応した新型エンジン

日・米・欧の次期排出ガス規制に対応した新型エンジン

排気後処理システム

排気後処理システム