文字の大きさ小中大 ENGLISH
このページの印刷用PDFをダウンロードする

コマツの環境・社会活動 生活を豊かにする


気候変動対応 電力半減プロジェクト

電力削減活動

コマツは従来からCO2削減による環境負荷低減を進めてきましたが、2011年東日本大震災後の東京電力、東北電力管内での電力不足に続き、2012年以降も全国的な電力不足が見込まれることを受けて、大幅な生産性向上により電力削減を加速していくこととしました。

電力の使用状況の詳細な分析により、最終的に50%以上の削減が可能との見極めが出来たことから、新たな目標として対2010年夏比で50%の電力ピーク削減を目指し、併せて、使用電力量の抑制を図り環境負荷低減に貢献します。

電力削減の考え方

@ 電力の見える化によるムダの排除 : ムダな電力消費の削減を徹底します

国内全工場の1時間毎の電力消費を本社で自動収集して、社内向けに公開するシステムを構築しています。社内のどのパソコンからでもリアルタイムで電力の使用状況がわかります。
 一方各工場では、建屋ごと、設備ごとなどのさらに詳細な電力の見える化にも取り組んでいます。
 こういった電力の見える化により、ムダな電力の使用やエネルギー効率の悪い設備の発見、生産活動と電力使用の相関の把握が可能となり、効果的に電力削減活動を推進することができます。
 また、事務所ロビー等でのデジタルサイネージにより、一般社員への啓蒙活動や来客への活動のアピールも行なっています。

電力、設備の集中監視

電力、設備の集中監視

設備更新で効率改善

設備更新で効率改善

A 生産改革: 加工設備、加工プロセスの改善により電力を削減します

コマツの生産工場の電力消費の約6割が部品の加工を行う設備で消費する電力です。 コマツには機械加工、溶接など様々な加工プロセスがありますが、それぞれの分野において設備の改善による電力削減と、能率向上を含む加工プロセス改善による電力削減を進めています。

生産設備の電力消費
生産設備の電力削減

ポンプやモータなど補機類のインバータ制御化やきめ細かな停止により加工中、および待機中の電力使用を削減します。 加工速度向上、設備稼働率向上により、加工時間、待機時間双方を短縮します。

加工プロセスの改善(CAE活用)

新たな生産技術開発により、加工範囲の最小化、投入エネルギの最小化を図ります。また、最新の高効率設備への更新を加速して、使用電力の削減を図ります。

加工プロセスの改善(CAE 活用)
B 代替エネルギーの利用: 太陽光、地下水などを最大限に活用します

コマツは建屋の屋上スペースの有効利用として太陽光発電を導入しています。
 また、一年中温度が安定している地下水を空調の補助として利用するなど、再生可能エネルギーの活用を進めています。

地下水利用簡易ラジエータ空調装置 【特許出願中】

省エネ新建屋への更新:最新の省エネ技術を採用した建屋に更新します

全社的な電力削減の活動を進める中で、照明や空調が主である組立工場や事務棟などでは、古い建屋を新規に建て直し省エネ技術を織り込むことで、50%程度の電力削減が可能であることがわかりました。一方コマツの生産建屋は築40年を越えるものが6割以上を占め、これらの建屋では柱の間隔が狭いなど効率的な生産システムの構築を阻害するケースがありました。
 そこで、これらに対する抜本的対策として生産建屋の統合更新を進めることとしました。
 その際に、最新の省エネ技術の採用に加え、生産改革の織り込みによる大幅な生産効率の向上(合理化)、建屋面積削減による電力削減、投資金額の抑制を図り、十分な投資回収を可能とします。
 2013年着工の粟津工場を皮切りに、2020年までに300〜400億円の投資を見込んでいます。


基本的な考え方
  • (1)最新の省エネ技術を採用し、電力削減50%を達成する
  • (2)生産改革により能率向上させ、設備占有面積を△30%削減する
  • (3)新建屋は自然エネルギ(太陽光、地下水等)を最大限に活用する

  • 粟津工場新組立工場

    粟津工場新組立工場

    新建屋の電力削減(粟津工場)

    新建屋の電力削減(粟津工場)