PDFダウンロード ENGLISH
生活を豊かにする −社会が求める商品を提供する−

製品安全 −イノベーションと安全性の向上−

イノベーションは、環境性能や経済性など、さまざまな価値を生み出します。その中で私たちが何よりも優先しているのは「安全性」です。

安全な商品の提供に始まり、究極の安全性といえる無人運行システムまで、イノベーションを駆使して、安全の面からも、お客様の価値創造を追求しています。

現場オペレーションの安全に向けて

安全性の高い商品をお客様に提供することは、メーカーとして最低限の責務です。常に最新の国際的な規制・標準に対応することはもとより、他社の追随を許さない「ダントツ」の安全性を備えた商品を、お客様にお届けしています。

それと同時に私たちが目指しているのは、お客様の現場オペレーションの「あるべき姿」を実現させる、イノベーションによる安全性向上です。

現場オペレーションの安全への取り組み

コマツは、作業機の自動制御を実現したICTブルドーザー(2013年)およびICT油圧ショベル(2014年)を市場導入しました。ICT建機はオペレーターの経験を問わず、熟練者のような高い精度の工事を可能にします。これにより、従来必要とされた補助作業員が不要となり、また「丁張り」という人手による工程が不要となるため、現場の省人化が実現され、安全性が向上します。

さらに究極の安全を実現するのが「無人運行システム」です。オーストラリアとチリの大型鉱山で本格稼働している、無人ダンプトラック運行システム(AHS)は、300トンもの土や鉱物を運搬する超大型ダンプトラックが、自律走行するシステムです。鉱山の過酷な環境で、多数の建設機械や車両を24時間安全に稼働し続けるために、お客様は最大限の注意を払います。その手伝いをするのがAHSです。通信衛星や各種レーダー、センサーなど、最先端の技術を組み合わせたこのシステムは、安全を追求するお客様の多様化する要望に応えるため、さらなる進化を続けながら、お客様の現場の「あるべき姿」の実現に貢献しています。

安全への取り組み事例

商品の安全性向上:全周囲監視「KomVision」

ダンプトラックの運転席から、全方位の安全を確保するために、周囲の様子を合成した画像をモニターに映し出します。車両を俯瞰したように周囲を認識できるため、死角における接触や衝突を防止することができます。

ICT建機による施工

法面(堤防や田んぼなど斜めに固めた土地)の作業も、オペレーターは作業機を動かす必要がなく、車両の位置を動かすことに専念できます。土を抱えすぎることで起きるスリップを未然に関知し、最適な土量で効率よく施工できるので、オペレーターの負担は最低限で済みます。作業機の付近で指示を出す補助作業員が不要となり、事故のリスクが低減します。

無人運行システム:無人ダンプトラック運行システム(AHS)

各種ICT機能が搭載されたダンプトラックを、中央管制室で操作・管理し、完全無人稼働を実現させます。ダンプトラックはGPSなどにより自身の位置を把握しながら、管制室から配信された走行コースと速度情報の通りに走行します。

 

image

image

image

image

image