PDFダウンロード ENGLISH
CSR活動の考え方

国際基準との対比

コマツが自社のCSR優先課題と認識している事項は、ISO26000の中核課題や、国連グローバル・コンパクトなどの国際基準と共通しています。

具体的な取り組みのために、社内ガイドラインである「コマツの行動基準」や、協力企業への依頼事項である「CSR調達ガイドライン」に織り込んでいます。

ISO26000
中核課題
国連GC
10原則
コマツのCSR優先課題社内ガイドライン対応項目
■はコマツの行動基準
●はCSR調達ガイドライン
組織統治 
  • ・コーポレートガバナンス
  • ・コンプライアンス
  • ・ビジネスパートナーを含めた社会ルールの遵守
  • ■組織、事業、社員、経営の品質と信頼性
  • ■コーポレートガバナンスの重視
  • ■ビジネス社会のルールの遵守
人権[人権]
原則1
原則2
  • ・基本的人権の尊重
  • ・ビジネスパートナーを含めた社会ルールの遵守
  • ・地域社会の発展
  • ・災害復興支援
  • ・地域住民の生活向上
  • ■社員の基本的人権の尊重
  • ■ワークライフバランスの推進
  • ●人権の尊重
労働慣行[労働基準]
原則3〜
原則6
  • ・雇用の平等
  • ・職場の安全性向上
  • ・人材育成
  • ・ビジネスパートナーを含めた社会ルールの遵守
  • ■社員個々又は代表者との誠実な対話・協議
  • ■児童労働・強制労働の禁止
  • ■雇用の機会均等、不当な差別・ハラスメントの禁止
  • ■安全で安心して働ける職場環境の実現
  • ●児童労働や強制労働に関与しない
  • ●差別とハラスメントのない職場の実現
  • ●安全で健康に就業できる職場環境の実現
  • ●公平で公正な人事制度の確立
環境[環境]
原則7〜
原則9
  • ・環境対応商品
  • ・環境対応(事業所・稼働現場)
  • ・リマニュファクチャリング(製品再生)
  • ■環境に配慮した、商品・サービスとシステムの提供
  • ■地球環境への取組み
  • ■コマツ地球環境基本方針
  • ■コマツの生物多様性宣言
  • ●環境負荷低減、化学物質の適正管理、環境管理システムの構築
公正な
事業慣行
[腐敗防止]
原則10
  • ・コーポレートガバナンス
  • ・コンプライアンス
  • ・ビジネスパートナーを含めた社会ルールの遵守
  • ■公正な競争
  • ■不適切な取引慣行の踏襲禁止
  • ■虚礼廃止
  • ■政府機関との公正・健全な関係
  • ●自由かつ公正な競争と取引
  • ●不適切な金品その他の利益の授受禁止
消費者課題 
  • ・安全性向上商品
  • ・お客さまへの責任ある対応
  • ・環境対応商品
  • ・リマニュファクチャリング(製品再生)
  • ■お客さまの立場を考え、環境に配慮した、安全で創造的な商品・サービスとシステムの提供
  • ■地球環境への取組み
  • ●環境負荷低減、化学物質の適正管理、環境管理システムの構築
コミュニティ参画
および発展
 
  • ・地域社会の発展
  • ・災害復興支援
  • ・地域住民の生活向上
  • ・人材育成
  • ■CSRの自覚と企業市民としての責任
  • ■グループでの社会貢献活動(社会貢献5原則)